工房紹介





ガラス工房アルコス
作家プロフィール ソウザ ムリロ
アート・インテリアの会社"Cores da Terra"にてアート作品の製作をおこなう。Instituto Cultural "Casa Via Magia"で美術の教育に携わる。2009年、鴨川市に移住。製作場所としてのアトリエをセルフビルドで完成。現在はガラス作品の製作および販売、ガラス工芸体験と教室を運営している。
過去の実績 "コヅカアートフェスティバル"へ2012~2017年に出展。
個展:2013年3月 鴨川市総合交流センター「みんなみの里」、7月君津「M2」
2015年7月 南総文化ホール「天からの使い」
2016年3月 千倉のアートスペース風にて「春の風 内なる光」
2017年8月「ランプワーク展2017」(奈良)に出展
2018年2月 米国ラスベガスで開催されたガラス展"Glass Vegas Expo"に出展。

TBS月曜ゴールデン「警視庁南平班~七人の刑事」に美術提供。2016年7月、NHK BS「晴れときどきファーム」で紹介される。「ぐるっと千葉」2016年9月号に掲載される。2017年3月 千葉テレビ「チュバチュバワンダーランド」でガラス工芸体験が紹介される。2017年6月 千葉テレビ「熱血BO-SO TV」生放送に出演。
販売店 Glass Gallery ボヘミアン(東京都文京区)、鋸南百貨店「快」(保田小学校 道の駅)、潮騒リゾート鴨川、みんなみの里、オーシャンパーク(道の駅 鴨川市)、Amigo(奈良)、NONKEY'S CAFE(鴨川市)、大場蘭園(鴨川市)、M2(君津市)、Creema(ハンドメイドマーケットプレイス)
耐熱ガラスとは 鴨川の工房にて耐熱ガラス(ボロシリケイトガラス)を使い、1点1点、丁寧に作製しています。耐熱ガラスは一般のガラスに比べ熱・衝撃・酸などに強いため、理化学用のビーカー、フラスコ、また食器の材料としても使われています。高温でしか溶けないため酸素バーナーを使って作業をします。透明度が高く、輝きがあり丈夫でさまざま加工ができる耐熱ガラスは、ガラス工芸にも大変適しています。ガラス工房アルコスで、耐熱ガラスの魅力に触れてみてください!

inserted by FC2 system